ショルダー水筒カバー手作り!保冷シートやマジックテープを使おう!

 

ういうい

 

暑い日は、水筒やペットボトルの中が、すぐ温くなってしまいますよね。

 

そして、温くなったお茶などは傷みやすくて困りますよね。

 

そんな時大活躍なのが保冷シートを使った水筒カバーです。

 

マジックテープで止めれば冷気を逃しにくくなるし、ショルダーをつければ肩から下げることもできますね!

 

そんな便利な水筒カバー、ぜひ作ってみましょう!

スポンサーリンク

 

 

「保冷シートやマジックテープを使った簡単手作り水筒カバー!!」

 

保冷シートやマジックテープを使うと、なんだか難しそうなイメージですが、保冷シートをはめこむタイプにすれば、難しいことはありません。

 

カバーの洗濯もできるので、すすめです。やってみましょう!

 

材料

  • 保冷シート
  • 生地
  • マジックテープ
  • 金属テープ(銀色の柔らかいタイプのテープです。その他、耐水性のあるものでも大丈夫!)

 

使う道具

  • ミシン
  • ハサミ
  • 定規
  • チャコ

 

サイズのはかり方

 

水筒の縦と横のサイズをはかります。

 

縦は蓋の下まででも良いですし、水筒をすっぽりおおうサイズでも大丈夫です。

 

横は胴回りをぐるっとはかります。

 

底の部分は円の直径をはかり、コンパスで円を描きましょう。

 

直径が8cmなら、コンパスは4cmに広げ、円を描きましょう。

 

マジックテープをつけるので、持ち出し分もはかりましょう。

 

口の部分から3cmほどのところまでがちょうど良いですね。

 

持ち出しは縦3cm×横4cmくらいの比率でつけたいので、縦3×横8の短冊を用意します。

 

これを半分に折って、持ち出しとします。

 

縫い代は全て1cmでとりましょう。

 

作り方

 

  • 生地を必要なサイズにカットします。

 

保冷シートに厚みがあるので、先に保冷シートをカットして、保冷シートに合わせて、表布をカットすると、ズレが生じませんよ。

 

  • 保冷シートをテープで貼ります。

 

  • 口側から3cmのところは開けておきます。

 

  • 片側だけだと、パカパカしてしまうので、側面は両面貼ります。

 

  • 底の部分は外側からだけで、良いでしょう。

 

  • テープで固定する場合は、底の部分の縫い代は要りません。

 

  • 口の部分にもバイアステープのようにテープを貼っておくと、仕上がりがきれいですよ。

 

⭐︎Point⭐︎

保冷シートはほつれやすいので、縫うよりテープで固定したほうが簡単だし、冷気も逃しにくいです。

 

底の部分はちょっと難しいですが、がんばってきれいに仕上げましょう。

 

  • 表布をカットします。

 

  • 口の部分を三つ折りにしてステッチをかけます。

 

  • 側面を中表にして縫います。口側から3cmのところまでで止め、切り込みを入れ、縫ったところは片側に倒します。

 

  • 縫っていないところは開いて割り縫い代部分をカットします。

 

  • 縫っていないところの片側の縫い代をカットして、バイアスで包みます。

 

  • 片側にはマジックテープの持ち出しをつけるので、縫い代はそのまま残しておいてくださいね。

 

  • 底の部分に印をつけます。胴の部分を半分に折り、更に半分に折り、4箇所に印をつけます。

 

  • 底の円の部分も同じように、円の真ん中を中心に半分に折り、更に半分に折って印をつけます。

 

  • 扇型のようになっていれば、間違い無いですよ!印は、わかりやすいチャコつけてあげましょう。もちろん、マチ針でも良いですよ。

 

  • 底部分を縫いつけます。⑥でつけた印を合わせ、細かくマチ針を打っていきます。

 

  • このとき、マチ針を打つ順番は対角がずれにくくてやりやすいですね。

 

  • マチ針を打ったら、ミシンで縫いましょう。底なので、二重に縫います。

 

⭐︎Point⭐︎

よっぽどほつれやすい麻などの素材でなければ、保冷シートを重ねるので、端の処理はしなくても大丈夫です。

 

ほつれやすい場合は、バイアスなどで包んであげましょう。

 

  • 持ち出しを縫います。持ち出しを半分に折って印をつけ、半分の面にマジックテープを縫いつけます。

 

  • マジックテープをつけたら、中表にして両端を縫い代まで縫い、表に返します。

 

  • 持ち出しを胴の部分につけます。袋状になっている持ち出しの外側(マジックテープが付いてない方)の縫い代と、どう部分の縫い代部分を合わせて縫います。

 

  • 縫い代部分を持ち出し側に倒して、内側の持ち出し部分の縫い代を出来上がり線で内側に折り込み、縫いつけます。

 

  • マジックテープの位置が決まったので、マジックテープの片側を胴の部分に縫いつけます。

 

保冷シートを入れて、完成です!

スポンサーリンク

 

「人気のショルダー付き水筒カバーの作り方!!」

 

ショルダー付水筒カバーは、ちょっとお散歩の時などにとても便利です。

 

作り方はとっても簡単!作ってみましょう。

 

材料

  • 生地
  • ショルダーにするアクリルテープ120〜130cm程(アクリルテープの切り端はほつれやすいので日などで炙って処理しておきます)

 

使う道具

  • ミシン
  • ハサミ
  • 定規
  • チャコ

 

サイズのはかり方

 

水筒の縦と横のサイズをはかります。

 

縦は蓋の下まででも良いですし、水筒をすっぽりおおうサイズでも大丈夫です。

 

横は胴回りをぐるっとはかります。

 

底の部分は円の直径をはかり、コンパスで円を描きましょう。

 

直径が8cmなら、コンパスは4cmに広げ、円を描きましょう。

 

作り方

 

  • 必要なサイズに布をカットします。

 

  • 口の部分を三つ折りにしてステッチをかけます。

 

  • そのほかの部分はロックミシンかジグザグミシン、バイアステープで包むなどして、ほつれ防止の処理をしておきましょう。底の円の部分も処理しておきます。

 

  • 胴の部分を半分に折り、角に印をつけます。

 

  • 印をつけたところにアクリルテープを合わせます。縫い代は3cm程とってください。

 

  • 内側からテープを出すと、ステッチだけが目立ってしまうので、あえて外側からアクリルテープを固定します。

 

  • 四角の中にバッテンをつけるような、雑巾を縫うときのようなステッチをかけ、アクリルテープを固定します。

 

  • 中表にして側面を縫い合わせます。

 

  • そこの部分を縫い合わせます。印をつけて、マチ針で、底部分と胴の部分を合わせましょう。

 

  • 4箇所に印をつけてから合わせて縫うと、歪みやずれがなく、きれいに仕上がります。

 

  • 表に返したら、できあがりです。

 

今回は簡単な方法にしたのですが、ショルダーのサイズを変えられるバックルなどを使うと、更に便利になりますね。

 

保冷シートを使って、更にショルダーもつければ、もう完璧です!

 

ぜひひとつ作って、この夏の熱中症などにも役だででくださいね。

スポンサーリンク

水筒の関連記事はこちら!!

水筒カバー簡単な作り方!キルティングやラミネートで手作り!

 

コメントを残す

サブコンテンツ