手作りピアスのパーツ紹介!プラバンとチェーンで簡単ピアス作り!

 

プラバンでピアス

 

オーブントースターで焼くと縮まって固くなるプラバン

 

子供の頃に絵を描いてキーホルダーなどを作って遊びませんでしたか?

 

そんなプラバンが最近になって女の子たちの間ですごく流行ってるんです(´▽`*)

 

なぜかというと・・・プラバンを使えばすっごく簡単にアクセサリーが作れちゃうんです(≧▽≦)

 

今回はプラバンとチェーンを使った簡単手作りピアスの作り方をご紹介します(*´▽`*)

スポンサーリンク

 

「手作りピアスに必要なパーツをご紹介!!」

 

プラバンのピアスを作るのに必要な材料は・・・

 

・プラバン・・・今回の主役、プラバンです!100均で買えますよ♪

 

・チェーン・・・繊細に見えるので細いものがピアスにはおすすめです(´▽`*)

こちらも100均で手に入ります♪

 

・ピアス金具・・・キャッチがついているものでもリングやチェーンでも、

お好きなものを用意してくださいね(*^-^*)

 

・画材・・・色鉛筆、パステル、ポスターカラー、アクリル絵の具などなどいろんなものが使えます!

 

色がのりにくいものはかるく紙ヤスリでみがいて白い粉を落としてから着色すると

色がのりやすく発色がよくなりますよ♪

 

マニキュアも着色に使えます!

ラメ入りのものなどを重ねるとニュアンスが変わっておすすめです(≧▽≦)

 

・穴あきパンチ・・・チェーンを通す穴を作るのに便利です☆

 

はさみ・カッター・・・細かく切り抜く場合はカッターがおすすめです(^-^)

 

・アルミホイル・クッキングペーパー・・・プラバンを加熱するときに使います。

 

クッキングペーパーは無くてもできますが、

くっつかなくなるのであると便利です(´▽`*)

 

オーブントースター・・・プラバンを焼くのに使います♪

スポンサーリンク

「プラバンとチェーンで可愛いピアスが作れちゃう!?」

 

それではプラバンでピアスを作っていきましょう!

 

・プラバンに好きな絵を描きます。

 

プラバンは焼くと1/4~1/5に縮むので大きめに描きましょう!

 

色むらは焼くとある程度きれいになるのであまり気にしないで大丈夫です♪

 

プラバンを絵に合わせて切り抜きます。

 

チェーンを通す穴もここで開けておきます。

 

きっちり輪郭通りに切り抜かなくても、まわりに余白を残してラフに切り抜けばOK!

 

・手でアルミホイルを一度くしゃくしゃにして広げ、その上にクッキングシートを敷き、

プラバンを焼きます。

 

焼き時間などはプラバンの厚さ、メーカーによって多少異なりますので、

買ってきたプラバンの指示通りに焼きましょう♪

 

焼き始めると縮まりながら丸まり、ある程度まで縮まったらまた平らになっていきます。

 

1/4~1/5くらいになればOKです☆

 

取り出したら熱いうちに平らにして形を整えます。

 

とても熱いので火傷に注意です(>_<)

 

危ないので軍手などを使ったほうがいいですね(;´∀`)

 

分厚い雑誌などにはさんでおくときれいに平らになります(*´▽`*)

 

・冷えたらチェーンをつけ、ピアス金具をつけます。

 

プラバンとピアス金具を瞬間接着剤でつけてもいいですし、

チェーンとピアス金具をくっつけるタイプでもかわいいですね☆

 

チェーンが長めだとエレガントな雰囲気になります(*´ω`*)

 

・仕上げにトップコートやUVレジンを塗って完成です!

 

この仕上げのひと手間でぷっくりかわいくなります(≧▽≦)

 

安っぽく見えないし、耐久性もあがるのでぜひコーティングしておきましょう(*´ω`*)

 

パステルな色味で優しく上品に仕上げたり、パッションカラーでポップに仕上げたり、

アイデア次第でいろんなタイプのピアスが作れちゃいますよ(*´▽`*)

 

絵を描くのが苦手という人はスタンプを作ってもかわいいです。

 

イラストや文字のスタンプもいいですし、レース模様のスタンプもあるんですよ(´艸`*)

 

ほかにもドットやストライプなど簡単な模様をかいて三角や丸で切り抜くだけでも

かわいいピアスになります(´▽`*)

 

簡単にできるのにかわいくて本格的なプラバンピアス!

 

自分用にはもちろん、お友達のプレゼントにもおすすめです(´▽`)

スポンサーリンク

ピアスの関連記事はこちら!!

手作りピアスの作り方!100均活用でデザインも本格的に!

 

コメントを残す

サブコンテンツ