ハロウィン手作り!フェルトの小物やかぼちゃのバック!

 

free-photo-kasanattakabocyasaikoro

 

もうすぐハロウィンの季節です!

 

最近は日本でもすっかり定着し、クリスマスと並ぶくらいの盛り上がりをみせています。

 

各地でハロウィンのイベントもたくさん開催されていますね。

 

お友達とのホームパーティーやお子さんの習い事でのハロウィンイベント。

 

そんなイベントを手作りアイテムで盛り上げちゃいましょう。とっても簡単に作れるものをご紹介しますよ。

 

お裁縫が苦手な人でも大丈夫。

 

フェルトを使えば面倒な端の処理もいらず、切りっぱなしでそのまま使えます。

 

ミシンや針を使わないで工作感覚で作れるものもあります。

スポンサーリンク

 

「ハロウィンの小物をフェルトで簡単手作り!!」

 

まずは、お部屋を飾るアイテムを作ってみましょう。

 

必用な材料

 

フェルト (黒やオレンジなど)

 

はさみ(手芸用のはさみを使うと作業がスムーズです)

 

マスキングテープまたは押しピン(壁に貼るときに使います)

出典 http://artfulparent.com/2011/10/a-felt-bat-garland.html

 

まずは型紙を用意します。

 

自分で絵を描いてもいいですし、『ハロウィン、型紙』で検索すると無料でダウンロードできるものがたくさんあります。
出典http://happylilac.net/halloween-mo.html

 

出典 http://artfulparent.com/2011/10/a-felt-bat-garland.html

 

型紙をフェルトの上に載せて、あとは型どおりにはさみでカットするだけです。

 

普通のはさみでも良いのですが、細かいところではうまく切れずフェルトの端がボワボワっとなってしまいますので、よく切れる

手芸用のはさみを用意すると作業がスムーズにはかどります。

 

 

お勧めのはさみ ヘンケルスの洋ばさみ

 

少し小ぶりに感じますが、刃先が細いので、細かいパーツを切るのに向いています。

 

子どもと一緒に使うときは、大きい裁ちばさみだと扱いづらいですし、普通のはさみと同じような感覚で切れるので、このような

形のはさみのほうが使いやすいと思います。

 

ヘンケルス洋ばさみ16cm ツインLシリーズ

 

 

目や帽子をつけるとき、フェルト同士を貼りつける場合は、布用ボンドを使います。

 

このボンドはフェルトに染み込みにくく、乾いたときに透明になるため仕上がりがきれいにできます。

 

河口フェルト用手芸ボンド 11-524

 

河口さんではフェルト用ボンドを使ったバッジの作りかたを紹介しています

http://www.kwgc.co.jp/recipe_02.html

 

材料

フェルト

フェルト用ボンド

ブローチピン、安全ピン

はさみ

チャコペン

 

ハロウィンパーティーで参加人数分のバッジを用意しておいたらきっと喜ばれますね。

 

 

扇形に切ったフェルトを筒状にして、ボンドで目鼻をつけるだけでもかわいいです。

 

リースにオレンジのお花をつければぐっとハロウィンらしくなります。

 

出典 http://makingitwithdanielle.com/2012/10/01/halloween-felt-rose-wreath/

 

材料

フェルト(オレンジ)

リース(100円ショップでも売っています)

はさみ

ボンド

グルーガン

CDなどの丸い型

 

  • フェルトの上にCDを載せてペンで型を取ります。
  • 丸く切り抜きます。
  • うずまき状に切れ目を入れます。
  • 真ん中を持ってクルクル丸めていきます。
  • 丸めた最後をボンドでとめます。
  • 作ったフェルトのお花をボンドかグルーガンでリースにくっつけます。

 

 

お勧めのグルーガン 

 

グルーガンはスティック状のボンドを溶かして使うのですが、さまざまな用途があり1本持っていると重宝します。

特に立体のものをつけるときはボンドよりグルーガンのほうが使いやすいです。

 

リースにどんぐりや木の実をつけたり、コサージュをつくったりするときなど。

あとは子どものヘアピンの飾りが取れてしまったときにもグルーガンでつけることができます。

 

100円ショップでも扱っています。

こちらの商品は低温のタイプのグルーガンで先端部分が細く、液だれがしにくいので、細かい作業をする場合にお勧めです。

ボンドよりもすぐに乾いて接着します。

 

グルーガン低温LT-160

 

 

 

羊毛フェルトでハロウィンのかぼちゃの作りかた

☆羊毛フェルトで作るハロウィンの飾り☆byきょろぺさん

 

 

フェルトを切って、紐をとおせば、かわいいガーランドができます。

http://livelaughrowe.com/halloween-garland-rustic-ghostly/

 

出典 http://craftbits.com/project/no-sew-felt-monster-banner/

 

四角く切ったフェルトに、愛嬌たっぷりのモンスターの顔を貼りつけます。両側に2箇所穴をあけて紐を通せばガーランドの完成です。

スポンサーリンク

 

「かぼちゃのお菓子バックを作ろう!!」 

 

ハロウィンの一番の楽しみはなんといってもお菓子がもらえること。

『Trick or Treat!!(トリックオアトリート)』と魔法の合言葉を唱えれば、両手いっぱいのお菓子がもらえるのですから、お菓

子用のバッグも準備したいですね。

 

材料

60×60cmのフェルト

刺繍糸

 

南瓜のミニバッグ

出典 http://atelier.woman.excite.co.jp/creation/3501.html

 

子どもと一緒に作りたい!!

 

裏がシールタイプのフェルトを使えば、市販のコットンバッグに貼るだけなので、それほど時間もかからず簡単に作れます。

 

バッグにつけるフェルトの形は何種類か用意しておいて、子どもに好きなものを貼ってもらってもいいですね。

 

ハロウィンギフトバッグ

パーツの型紙も公開されています。

http://mamasola.net/?p=26381

 

お勧めのフェルト

シールでくっつく接着フェルト18cm角

 

裏面が方眼のシールになっていて、イラストを直接書き込んでカットするときも目安になってわかりやすいです。

ウォッシャブルタイプのフェルトですから、ハロウィンの日はとりあえずシールで貼っておいて、洗濯する前に一度アイロンで接

着すると、より剥がれにくくなります。

 

洗える!シールでくっつく!アイロンでもくっつく!接着フェルト ウォッシャブル粘着シールト付 18cm角(28色)

 

斜めがけのかぼちゃのポシェットもかわいいです。

 

 

 

 

ミニお菓子バッグ

ハロウィン以外でも、ちょっとしたプレゼントやおすそ分け用にも応用できそうです。

http://www.diyinspired.com/sew-halloween-treat-bags/

 

キャンディーコーン

扇形に切ったフェルトを重ね合わせて縫います。

紐をゴムにかえて、そのまま帽子としてかぶれるようにしても良さそうですね。

http://www.purlbee.com/2010/10/16/mollys-sketchbook-candy-corn-trick-or-treat-bags/

 

 

「ハロウィンの衣装もフェルトで出来ちゃう!?」

 

大きめサイズのフェルトを用意すれば、ハロウィンの衣装もフェルトで作れちゃうんです。

 

ハロウィン向け手作り帽子(型紙あり)

http://piele.komae-kosodate.net/docs/2014111700405/

 

 

型紙不要!~ハロウィン衣装のエプロン~

http://kodomono.weekendkids.jp/halloween-apron/

 

こちらのエプロンは、型紙不要で直線縫いのみで作れます。

 

エプロン部分も紐もフェルトですから、端っこの処理がいらないので、切りっぱなしでOKな箇所ばかりです。

 

レースや紐の縫いつけはミシンがあったほうが早くできますが、縫う箇所が少ないので、もしミシンがなければ手縫いでもでき

ます。ジャックオーランタンのリボン飾りとレースを取ってしまえば男の子用としても使えますね。

 

赤ちゃんだってハロウィン気分♪

 

帽子や髪飾り、バッグは普段あまり身に着けないと嫌がって自分ではずしてしまいます。

 

せっかく作ったのに悲しい・・・。

 

そこで、普段着ているお洋服にフェルトを貼るのはいかがでしょう。

 

先ほどご紹介したシールでくっつく粘着フェルトがお勧めです。

 

縫いつけるタイプのフェルトだと裏に糸が出てしまい、糸が肌に触れ着心地が悪くなってしまいます。

 

お洋服は洗濯しますので、ウォッシャブルタイプのフェルトを用意してください。

 

シールで貼ったあと、お洗濯前にアイロンをあてておきましょう。

 

 

本格的なコスチュームもフェルトで作れちゃう!

http://buggyandbuddy.com/monarch-butterfly-wings-tutorial/

 

説明が英語でサイズ表記がインチになっていますが、写真付で詳しく作り方が説明されています。

 

ゴムを両肩と指にひっかけて羽根をひらひらさせられるので、子どもも大喜び♪

 

ハロウィンだけではなく、学芸会の衣装づくりの参考にもなりますね。

 

お勧め

お洗濯ができて、巾が広い!ウォッシャブルフェルト

 

http://buggyandbuddy.com/homemade-halloween-costumes-bat-wings/

 

ほぼ同じ作り方でこうもりに変身~。

男の子にはこちらのデザインの方が使えそうです。

キラキラ部分はテープを貼るか、シルバーのマニキュアで書いてみるのはどうでしょう。

 

ハロウィンが近づくと100円ショップやネットショップはオレンジや黒のフェルトは売り切れてしまうことも・・・。

材料は早めに用意しておきましょう!!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ