浴衣の簡単な手作り方法(男性と犬用)

 

 

simple_yukata_man

 

夏の風物詩浴衣。

女性の浴衣はたくさん素敵なものがありますが、男性用の浴衣も素敵です。

彼氏や旦那様にプレゼントして一緒にお祭りデートなんてのも素敵ですね。

お世話になった方へのプレゼントにも喜ばれるかもしれません。

 

また、ペットのワンちゃんにも犬用の浴衣を着せてあげるのも夏らしくてとても素敵です。

花火はもちろん、夕涼みや日常着としてあると便利ですよね。

そんな浴衣ですが、直線縫いが多いので案外簡単に手作りできるんです。

そこで、浴衣の簡単な手作り方法おすすめ生地についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

・浴衣の簡単な手作り方法(男性)

 

ポイントと共に、大まかに個の工程に分けてみました。

 

型紙に合わせて生地を裁断します。

 

チャコペンなどを使用して印をつけます。

この印つけの作業をきちんとやっておくと、きれいな浴衣が出来上がります。

必ず両身頃に消えるチャコペンなどで印をつけてください。

白っぽい生地で、チャコペンを使用するのがどうしても抵抗がある人はしつけ糸を使用して切りしつけをするのもおすすめです。

 

印をつけた生地をミシンで縫っていきます。

襟や裾上げ、袖あげはミシンでもできますが、手縫い縫い目が目立たないようにまつると良いと思います。

 

襟をつけます。

カーブの強い部分は必ず切り込みを入れるようにしましょう。

切り込みを入れるととても縫いやすくなります。

縫うのがとても難しいところなので、必ずしつけ縫いをしてから本縫いをしていきます。

 

袖あげ、裾上げをします。

着丈を決める際は、必ず下着1枚になって寝間きなどを来てもらい、しっかりと採寸するようにしてください。

男性用の浴衣は腰上げをしませんから、短すぎるととてもかっこ悪くなってしまいます。

 

結構簡単ですよね♪

この画像は女性用浴衣の作り方ですが、参考になると思うのでご紹介します。

生地と型紙を変えれば男性用にも応用できます。

 

 

 

・浴衣の簡単な手作り方法(犬用)

 

img30245089zik8zj

 

犬用の浴衣を手作りすると、ご主人様とお揃いにできたり、ファッションの幅も広がってきますね。

基本的な手作り方法は男性用と同じです。

違うのが最後に肩あげ、腰上げをすることです。

より可愛らしいイメージになります♪

 

スポンサーリンク

 

・浴衣を手作りするときのおすすめの生地や布

 

浴衣を着るシーズンが近くなると、手芸屋さんなどに浴衣にぴったりの柄が多く並びます。

たくさんありすぎて迷ってしまうほどです。

実際、浴衣にはどのような生地が適しているのでしょうか?

夏に着る浴衣ですから、やはり涼しい生地であってほしい物です。

素材としては木綿の布をおすすめします。

着心地もよく、汗もよく吸い取ってくれます。

また、風通しのよいのも魅力の一つです。

おすすめの布をまとめてみました。

 

リップル・サッカー

凹凸のある布で、浴衣や甚平によく用いられる生地です。

様々なプリント生地もあり、バラエティーも豊富です。薄手の生地で、涼しげにさらっと着られる浴衣を作ることができます。

 

 

 

和風コットン生地・和風ドビー

楽天などで「和風コットン」「和柄ドビー」と紹介されています。

表面に凹凸のない生地です。

 

 

浴衣用反物

生地幅が、身頃片方分です。

本格的な浴衣作成をしたい!という方にお勧めの生地です。

 

 

(おまけ)麻(上布)

麻は綿よりも風通しもよく、涼しく着ることができます。

高級な浴衣に使用されることが多いです。

 

浴衣用の生地は、ネットでもたくさんの柄や種類の生地が売っています。

もし、浴衣の手作りが初めての場合は、実際に手にとれるお店で生地の厚みなどを確認しながら購入するのもよいでしょう。

 

お気に入りの生地を見つけて、手作りの浴衣を作ってこの夏を楽しんでください!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ